高血圧のお薬

指でつまんでいる薬

気温が暑い時や、運動をしたときなど一時的に血圧があがってしまうときってありますよね。心臓がバクバクして苦しいものです。
しかし、安静にしていても正常値より慢性的に血圧が高い状態というのが高血圧です。高血圧は2種類あって、お薬の副作用によって症状がでてしまうものや、
塩分やアルコールの取り過ぎだったり、ストレスやタバコ等の日常生活が原因によるものがあります。

以外に初期症状に自覚症状がない人が多く、早期発見といえども気付かないということもあるので、初期症状についてもしっかりとした知識を持っておきましょう。
気付かないというのは、その症状が頭痛やめまい、肩こりや耳鳴り、動悸、むくみといった、日常的によくあることなので見逃してしまうからというのもあるのです。
なので、こういった症状があれば気にしておくと良いでしょう。
高血圧は血管に圧力がかかり、とても苦しく最悪血管が破裂してしまうということもあるので怖い症状です。

また、どこからが血圧が高いと言えるのか?というのが気になるという場合もあるかもしれません。
年齢的にも違うのですが、30代男性なら正常値124/79、30代女性なら正常値114/71。60代男性は正常値142/84で60代女性では正常値140/82といった目安があります。
くわしくは調べれば簡単に出て来るので自分の正常値を知っておいて調べておきましょう。

こういった症状にはテノーミン・アテノロール といったお薬による治療もできますので、高血圧で悩んでいる方はチェックしておきましょう。

コップと薬

高血圧の原因

高血圧を改善してくれるテノーミン・アテノロール ですが、そもそも高血圧になってしまう原因とはなんでしょうか?原因から改善をしておくことで、お薬による治療をより完璧にしましょう。


記録をとっている手元

効果的なお薬

テノーミンとはアテノロールという主成分のある高血圧に効くお薬です。高血圧はさまざまな病気を併発してしまうことから、治療は早めにしていきたいもの。こういったお薬を使っていけば安心ですね。


カプセルイメージ

人気記事

「高血圧にはテノーミン・アテノロールで改善しよう!」の人気記事一覧です。