高血圧の原因

コップと薬

そもそも高血圧というのは、どういった原因でなってしまうのでしょうか?お薬の副作用や塩分やアルコールの取り過ぎと簡単に言ってしまえるのですが、具体的にはどういったことなのかというと
高血圧の原因は遺伝や加齢といったことにもあるのですが、ストレスや食事に睡眠、運動といった日頃の生活習慣によってもたらされる「一次性高血圧(本態性高血圧)」というもの。
「腎性高血圧」というものや「薬剤誘発性高血圧」から影響される「二次性高血圧」によるものが原因とされています。
その中でもほとんどは一次性高血圧が原因によるものでもあります。ところで、高血圧の恐ろしいところは合併症の存在です。心臓病や脳血管障害となってしまうこともあるため、命の危険性にも繋がりかねません。

結局のところ、生活スタイルの乱れによる原因ということなわけですが、これを改善予防に持っていくには、食事・睡眠・運動といった日頃からの生活習慣を正していくのがもっとも効果的ということになります。
アルコールの過剰摂取を控えて1日3食、栄養バランスの取れた食事をしっかり摂り、1日7〜8時間の充分な睡眠を取ることはもちろんのこと、適度な運動も心がけましょう。
ウォーキングなどであれば無理せずに続けられる運動になるのではないでしょうか?ぜひ始めてみましょう。

また、テノーミン・アテノロールといったお薬での利用も混ぜて行けば、きっと改善へと繋がっていくことでしょう。