効果的なお薬

記録をとっている手元

高血圧は糖尿病や内臓脂肪型肥満、そして脂質異常症とともにメタボリックシンドロームの発症要因ともなりますし、
動脈が固くなる事で圧が加わってしまって、血管が耐え切れなくなってしまってしまった結果破損してしまう脳出血や、固くなった血管の中に血栓ができてしまい血液が通ることができずに、血液が体内で詰ってしまうことでおきる脳梗塞など
恐ろしい症状へと繋がっていくので、早期発見と早い段階での治療が必要です。

しかし、わかっていても病院へ行けないという人も居るかもしれません。
そういった方は、お薬による治療という手段もありますよ。テノーミンというお薬はアテノロールという主成分のもと作られたお薬で、高血圧はもちろん狭心症や不整脈の治療にも効果が期待できるお薬です。
薬を服用すると心臓から送り出される血液量が減少し、その結果血圧が下がり、心臓への負担を軽減させることができます。
乱れた心拍数を戻す力があるので、緊張状態で起こる動悸や声の震えを抑制することも可能です。したがってあがり症などにも効果を発揮するため、大切なイベントの前に失敗しない手助けとしても利用していただけます。

なお、このテノーミンは即効性はありません。即効性がないというのは頼りなく感じるかもしれませんが、おかげで脳への影響も少なく、中毒性が少ないので安全性が高いということでもあります。
飲み方は、50mg錠1錠を1日1回食後に服用します。年齢や症状に応じて使用量を変えることは可能ですが、1日1回100mgが限度量と規定されているため、独自の判断で変えるのではなく医師に相談してから変えるようにしましょう。